×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

布団セットについて@【布団セット 通販】

古来より日本では畳の上に敷き布団を敷いて用いるのが伝統でした。
現代ではベッドの上に直接布団を敷いたり、マットレスをおいてその上に布団を敷く場合もあります。
隣国の韓国や中国のではオンドルや床暖房が用いられ床に布団を敷くのが伝統的ですが、ここでもベッドを使う場合もあるようです。
畳に布団を敷く場合は、毎日、就寝の前に敷き広げ、起床したら畳んで収納することが慣習となっています。
これを布団の上げ下ろしといいますが、都度布団を上げ下ろしすることで部屋を広く使うことができ、同時に、
部屋にほこりが溜まることを防ぐこともできるわけです。
布団を畳まずに敷いたままである状態。これを万年床(まんねんどこ)といいます。
万年床は不潔で不精なことの代名詞的な表現になっていますね。
人は就寝中に汗をかきます。夜間の布団は睡眠中の人間から排出される汗で水分がたまるもの。
そのため、天気の良い日に戸外に干す必要がありますが、これを布団干し(ふとんぼし)と呼びます。
布団干しの際は布団が物干し竿から風や干し方の不具合で落ちないように布団ばさみなるものをを使って抑えておきます。
干した布団を室内に取り込む前にはほこりを落とすためにふとんたたきなるものをを用いて適度にはたくのが良いとされています。
ところが、部屋の日照や生活時間の問題、景観に関する条例などにより自由に布団を干すことができないところも増えており、
代わりに「布団乾燥機」なるものをを用いて水分を減らすことも行われています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

布団セットについてA【布団セット 通販】

経験された方もいらっしゃるでしょうが、布団は長く使用しているとダニが発生することがあります。
ダニは放置しておいていいものではありません。アレルギーを引き起こす場合があるかあです。
ダニの発生は特にアトピーや喘息を持つ人にとって大変深刻な問題です。
こうした点に対処するため、防ダニ加工や抗菌加工が施されたアレルギー対策布団も販売されるようになりました。
布団の手入れ方法についてですが、最近では 
●ふとんを叩くことは繊維を傷める
●ダニを殺すどころか反対側に逃がしてしまうだけ
上記の点が指摘されています。そもそもふとん叩きは畳を叩くものでふとん用でないようで
この点で専門家は布団を叩くことを薦めておりません。
手でやわらかくほこりをはたき(ダニではなくホコリをはたきます)、
ふとんの上から直接掃除機をかけることでほこりとダニを吸えばよい、こういう意見のようです。
先日NHKの番組を見たのですが、もめん綿とポリエステルの綿が掃除機をかけた際に
ほこりとダニの量が1番減ったと紹介されて話題になりました。
そうした理由で最近では羽毛布団よりも昔ながらの手作りもめん綿布団がにわかに売れてるんだそうです。
布団を保管する際、また引越の際には布団袋なる大きな袋に布団一式を詰めるのが便利です。
来客用の布団。それから季節に合わない布団を保管する際に大きいスペースが必要となりますよね。
押し入れに十分なスペースがない場合は掃除機で布団内部の空気を吸い出してコンパクトにする
布団圧縮袋(ふとんあっしゅくぶくろ)を用いるところも少なくありません。

布団を通販で【布団セット 通販】

布団の目的は人が快適に寝ることでしょう。就寝に際して体温が下がらないように保温する。
体重が一点に集中して痛くなることがないようにする。そうした効果があります。
こうした効果を高めるために布の袋の中に綿やポリエステルなどの化学繊維、羽毛などが詰められ、
そうして型がくずれしないように糸で固定されているんです。
以前は布団というと、街の布団屋さんで購入するのが一般的でした。
布団を縫う技術を会得し、自宅で開業している方が少なからず、いや、街のどこかにいたのです。
しかし時代が移り、最近はそうした布団屋さんをみかけることも少なくなりました。
大型のショッピングセンターで購入するのが一般的になり、あわせて
通販で布団を購入するのも同じくらい一般的ですね。
布団一式購入するとケッコウかさばりますからね。布団の通販は便利かもしれません。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 布団セット 通販navi